-essay-

 日向文のエッセイ

冬は寒くないともっと良い

 

 二◯十九年

 

一月三日

純白の猫、君の名は。 

一月十日

計十キロ、上り下りの段数百三十階

一月十七日

求む、シャンプー

一月二十四日

美味しいご飯あげるからさ

一月三十一日

尊い

 

二月七日

同居

二月十四日

大変ですよね〜

二月二十一日

サーモンも買いたかった

二月二十八日

あいのりも見ちゃうよ

 

三月七日

やわらかなもの

三月十四日

無垢な瞳に恋してる

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

二◯十八年

三月一日 

札幌産まれ札幌育ち悪そうな奴はだいたい苦手

三月八日 

友人がポイ捨てしたヤクルトの容器を拾って渡すような子供だった

三月十五日

光の中に消えていく女たち

三月二十二日

前世はイタリア男性

 

四月十二日

私より良いをご飯たべてるのではないか

四月十九日

二十四歳の目標は自分の機嫌は気分でとる

四月二十六日

学費でツアーに行きたかった

 

五月三日

初恋はだぁだぁだぁのかなたくん

五月十日

わたしゃ不甲斐ないぜ 

五月十七日

笑ってもらう為に話してるんだよ

五月二十四日

やめて、かき揚げを投げつけないで 

五月三十一日

卒業式の後も秒で帰宅した

 

六月七日

芸能人の名前、芸人にはさん付けしてしまう性

六月十四日

あったらいいな心のコインランドリー

六月二十一日

ぴっぴ

六月二十八日

Wで前、Aで左、Dで右

 

 七月五日 

人の金で食うジンギスカンは美味

七月十二日

あんかけ焼きそばよ永遠に

七月十九日

最終便、乗り遅れたが最後

 七月二十六日

ふわりんかは三袋で舌が限界

 

八月二日

ミュージシャン庶民

八月九日

後、牛乳ソフト、カップで

八月十六日

安室さんよりコナンくんにハマる

八月三十日

実家とは

 

九月十三日

堤真一で頼む

九月二十日

人間は二つの種類に別れる

九月二十七日

靴を買ってやるとしまむらに連れて行かれたことがある

 

十月四日

超特急

十月十一日

格好いいって思われたい

十月二十五日

なんとなくいけそうな気がする

 

十一月一日

五歳も五十歳も変わらん

十一月八日

298円

十一月十五日

●REC

十一月二十二日

秘技・幼児退行の巻

十一月二十九日

心の中の私よ

 

十二月六日

現代フクモト概論

十二月十三日

穴があったら入りたい

十二月二十日

そうだ忘れないで

十二月二十七日

お腹壊した