錆び

 

正直な話

私ってやつは一人が好きなわけじゃない

汗水垂らして踏ん張るところを

誰かに見られるのが嫌なだけ

「死ぬほど好きな人ができたの」

なんていうあの娘が羨ましいよ

ピンスポの下でキラキラしてる

私は舞台にも立てない

 

ペットボトルの炭酸みたいに

知らない間に気が抜けてる

正しい道を教えてくれない

カーナビみたいに役立たずね

遠回りして

同じところに戻っていたの

 

「孤独な人に慣れない内は結局誰かを愛したいとか思ってるでしょ」

バカにしないで

私は舞台にも立てない

 

ペットボトルの炭酸みたいに

知らない間に気が抜けてる

正しい道を教えてくれない

カーナビみたいに役立たずね

遠回りして

同じところに戻っていたの