むかし話

 

君はいつもひとりぼっちで僕を見てる

空っぽのフードボウルに足を入れて

君はいつも夢の中で走り回って

現実は鎖に年中縛られてる

 

道路脇に添えられてる花が

僕を笑ってる

 

いけないことしてるわけじゃない!

僕の友達を助けるため

いけないことなんてしてない!

僕の友達を助けただけ

 

君はいつも

大きな声をあげて笑って

僕の嫌いなあいつに怒られてる

君はいつも高い塀の中

現実は外の世界で愛されてる

 

背だけは伸びた

腕だけ伸ばして君を攫ってる

 

いけないことしてるわけじゃない!

僕の友達を助けるため

いけないことなんてしてない!

僕の友達を助けただけ